top of page
  • 執筆者の写真Hirofumi Inoue

「進化するボートレース場」 佐賀県唐津市の競艇場がリニューアル 11月27日 欧州玩具大手ボーネルンド監修の遊び場やボルタリング、カフェ、キッチンスタジオなどが登場

更新日:2021年11月27日

 佐賀県唐津市が運営する競艇場「ボートレースからつ」が27日にリニューアルオープン。スタンド棟は観戦エリアを2階に集約し、1階は「コミュニティエリア」として家族連れやカップルらに開放した。「キッズパーク」やボルタリング施設、ブックカフェ、キッチンスタジオ、音楽スタジオなどが登場。「進化を続けるボートレース場」(唐津市長)に注目してほしい。



✓唐津市は約50億円を投じて競艇場を大規模改修

✓競艇場もプロ野球の本拠地のようにパーク化し、1階部分はコミュニティエリアに。入場料もかかるケースがあるので注意してほしい。

✓来年6月には国内最高峰のレースが唐津で開催される


 唐津市によると、今から半世紀以上前の1953年8月7日に松浦川の河口でレースを初開催し、1975年1月31日に現在の施設が完成。老朽化が進んだこともあり、約50億円を投じて2019年8月から初めての大規模改修に乗り出していた。26日に開かれた完成披露式で峰達郎・唐津市長は隣接する河畔公園との一体的なパーク化を進める構想に言及した上で「これから進化を続けるボートレース場に注目してほしい」とあいさつした。続いて登壇した潮田政明・日本モーターボート競走会会長は来年6月に開かれる国内最高峰のレース「グランドチャンピオンシップ」に関し「新しくなったスタンドにお客様を迎え入れ、熱狂することを楽しみにしている」と期待を述べた。


 

 

1階中央に位置するキッズパーク「BOAT KIDS PARK Mooovi(モーヴィ)」はヨーロッパのおもちゃ製品で知られるボーネルンドがプロデュース。エントランスゾーンには大きな木製ボートがお出迎えし、ブロックやマグネットなどのおもちゃが目を引く。乳幼児向けの柔らかい玩具がそろったエリアから小学校高学年向けのゾーンまで発達段階に応じて楽しめるという。屋外のエリアも設けた。営業時間は平日午前10時から午後4時まで。土日祝日も同様だが、シフト制を敷く。利用料は、大人でレース開催中は200円、開催期間外は300円、12歳までの子どもは300円。★土日祝日は事前予約制となるので、注意してほしいという。




 ブックカフェ「Blue Book Cafe」はレースの合間や施設利用後でもくつろげる。照明を落とし、落ち着いた店内が印象的。さまざまな雑誌や書籍をそろえたほか、靴を脱いで親子で楽しめるスぺースも確保している。





 フードコートには公式マスコット名を冠した「からっキー食堂」をはじめ、「肉肉うどん」と創作オムライス「ポムの樹Jr.」が並ぶ。店前には広々とした飲食スペースが広がっており、ゆっくりと味わうことができる。




 イベントホールは最大350人を収容。可動式のステージや音響や照明、スピーカー、プロジェクターも完備した。イベントのほか、保育園・幼稚園の発表会、小中学生の演奏会、式典、研修、パーティーなどの開催も想定している。営業時間は午前10時から午後9時まで。要予約で、一般団体は1時間あたり1400円、高校生以下の団体は1時間700円。


 音楽スタジオは2部屋。ドラムなどがあり、自前の楽器を持ち込める。防音仕様で、個人利用もできるという。営業時間は平日午後3時から午後9時まで。土日祝日は午前10時から午後9時まで。要予約で、一般団体は800円/1時間、高校生以下の団体は400円/1時間。




 ボルタリングの「のぼらんば」は全長40㍍で、西日本最大級だ。白色の壁に色とりどりのブロックが配置され、見た目もカラフル。出入口から手前側が初心者向けで、奥に進むほど難易度が上がる。営業時間は午前10時から午後9時、利用料は個人は無料だが、シューズ使用料として100円が必要。団体利用は要予約で、成人団体は1時間あたり1200円、高校生以下の団体は1時間あたり600円。




 以上が1階のコミュニティエリアの概要だ。一方、2階に集約した観戦エリアは1人あたり2000円のロイヤル席(軽食やドリンクサービス付き)があり、畳のスペースもある。指定のテーブル席(シングル席200円/席、ペア席400円/席)にはテーブルとドリンクホルダーを設けた。一般席も椅子を見直し、座り心地がアップしたという。


【追記】

競艇場の歴史なんかを書いていたら、今のボートレースからつの好調っぷり(市財政にもかなり貢献しているんです)や本拠地としている地元のスター選手・峰竜太氏といった要素を書く余裕がなくなってきました。いつか地元選手のことを紹介できればと思っています。


あ、バイトの時間だ。それではまた。

閲覧数:546回0件のコメント

Comments


bottom of page